MENU

ブライトエイジ化粧品は年齢肌炎症にも効果あり?

ブライトエイジ化粧品は、年齢肌炎症に効果が期待されるといわれていますが、年齢肌炎症というのはどのようなものなのでしょうか?

 

ブライトエイジ化粧品がなぜ、年齢肌炎症に効果的なのかを調べてみました。ブライトエイジ化粧品が気になっている方は是非ご参考にしてください。

 

年齢肌炎症とは?

 

年齢肌炎症というのは、どのような炎症のことなのでしょうか?

 

年齢肌炎症というのは、年齢を追うごとに弱ってきたバリア機能を持っているお肌に対して、紫外線や、大気汚染やスキンケアの摩擦や室内の乾燥が原因となっておこる炎症のことです。

 

年齢肌炎症というのは、老化現象で見られるシミやたるみや乾燥肌といったエイジングトラブルを引き起こしてしまいます。そして長引かせてしまうのです。

 

年齢が上がってくると、肌内の炎症というのは増えていきます。20代や30代の肌内の炎症に比べると、60代や70代の肌内の炎症は高くなってきます。加齢に伴って、肌内の炎症物質が5倍も増加していくのです。この炎症物質というのが、肌の老化を引き起こすのです。

 

年齢肌炎症というのは、どういった過程で、シミや乾燥やたるみを引き起こすのでしょうか?

 

どんな炎症であっても、シミやくすみの原因となります。年齢肌炎症によってケミカルメディエーターというシグナルが生じて、メラノサイトを活性化させるのです。メラノサイトというのは、シミやくすみの原因であるメラニンを生成する場所のことです。メラニンが活発に産出され、シミがあらわれてくるのです。

 

年齢肌炎症が起きることによって、セラミドやNMFといった保湿機能を担うところが天然保湿因子を作り出す材料が不足してしまいます。そして、それを作り出す酵素の働きが弱まります。

 

そして、年齢肌炎症によって、十分に成長していない皮膚細胞が作られます。それが角質層を構成していますので、保湿成分をもっていない細胞が肌となってしまうために、乾燥肌になってしまうのです。

 

年齢肌炎症が起きることによって、肌の中では、トリプターゼという酵素が発生します。このトリプターゼというのは、コラーゲンを分解して、しわやたるみをひきおこすのです。表皮と真皮を結びつけている基底膜のコラーゲンを特に破壊してしまいますので、大きなたるみの原因となってしまいます。

 

まとめ

 

紫外線や乾燥や摩擦というのは、一般的にも肌に良くないといわれています。これは、年齢肌炎症を引き起こして、それが、シミや乾燥肌やたるみの原因となるからです。

 

ブライトエイジ化粧品は、この年齢肌炎症を抑える働きがありますので、年齢肌がお悩みの方は、是非、使ってみてください。

 

ブライトエイジ化粧品は、医薬部外品で、トラネキサム酸によるエイジングケアです。全方位エイジングケア化粧品では、化粧落とし、洗顔料、化粧水、乳液が用意されていて、全方位から現れる様々なエイジングの悩みにトラネキサム酸が対処してくれます。

 

トラネキサム酸は、抗炎症効果があり、美白効果がある成分です。厚労省からも認可されている成分です。

 

>>ブライトエイジ化粧品の最安値はコチラ